PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大楠山 (242m) ^^;

3月24日(日)


3月21日(木)

初代安藤広重(1797~1855年)の浮世絵で有名な「相州三浦秋屋の里」
この秋谷の立石と富士山が描かれています。 (かながわの景勝50選)
                     ↓立石   ↓富士山
P1080425.jpg
広重の浮世絵には 左に富士山 右に立石とぼんてんとそこに自生する松が描かれてます。
            (浮世絵には↓この辺に富士山  午後には雲が出て見えなかった ^_^;)
P1080628 文字入れ
※立石・・・約2500万年前、海底に積み重なってできた地層が固まって、波に削られてできあがったものです。
      地質は凝灰岩 高さ約12メートル、周囲約30メートル
※ぼんてん・・・「立石」の先に張り出ている岩場



今日の目的地はここではありません ^_^  目的地は三浦半島の最高峰 大楠山(242m)です。
山頂の展望台からは 富士山と丹沢山地の間から南アルプスの山頂も見えるそうです。 ただし、空気の澄んだ冬の日の晴天の早い時間帯のみ(笑) ^_^;
大楠山への登山道は、前田川遊歩道から始まります。 川底からのスタート、ワクワク♪
P1080437r
護岸整備がなされた川ではあるものの川底に敷かれた板道や飛び石を進んで行くにつれ 周囲の景観もワイルドになり、ちょっとした渓流歩きの気分です。 面白そう!
P1080450.jpg
滝もあり
P1080461.jpg
民家もあり f^_^;
P1080464.jpg
水もとってもきれい!です
P1080465 文字入れ

途中、こんな景色の下
P1080457 文字入れ
春の息吹を感じながら
P1080443 文字入れ
「なんていう 花だろう?」とか  
P1080453 文字入れ
やっぱりこんな顔して 待っててくれます 「おそいんですけどー」って!?(笑)
P1080452 文字入れ


途中から 登山道に入ります。 このまま 前田川遊歩道の終点までも行きたいなぁー ^_^
P1080474.jpg
登山靴でよかった・・・ でも、整備された登山道です(笑)
P1080475.jpg
登りあり、下りあり、平道あり、階段あり・・・ 変化のある歩きやすい登山道♪
P1080492.jpg
これくらいの道なら慣れたもの、しっぽアゲアゲの後ろ姿がうれしい!! 楽しーい♪
P1080503.jpg
頂上も近い *\(^o^)/*   
P1080526 文字入れウグイスの声が聞こえるけど姿見えず パパさん、口笛で話をしてる~ウグイスも応えてるみたい♪


見通しはきかないけど 明るい気持ちのいい登山道
P1080485 文字入れ
鳥の声は聞こえど姿は撮れなかったけど いろんな写真を撮りながらのラクラク(低)登山 (^_^)v
P1080491 文字入れ
大島桜も咲き始めてました。
P1080611 文字入れ
途中 こんな珍客も ^_^ ヘビと間違えるくらいのでっかいミミズ 30cm位はあったかな~
P1080509.jpg
 

国土交通省レーダー雨量観測所(全国26箇所あるうちのひとつ)が立つ 開けた場所に出ると菜の花がきれい!
P1080547 文字入れ

P1080543 文字入れ

レーダー雨量観測所の建物に「サシバ」が
P1080535 文字入れ
中型のタカ 全長約50cm
P1080551 文字入れ


朝日岳、谷川岳・・・と続く関東百名山 100番目の山「大楠山」(242m)
P1080559 文字入れ
海抜5mからの 三角点、頂上でーす♪
P1080560.jpg

                        次は 大楠山頂上「リッツの災難!?」σ^_^; に続く




スポンサーサイト

| 低登山 | 10:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ritz3.blog6.fc2.com/tb.php/38-67ba99b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT